□「新綱島」駅改札付近イメージ図(独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構提供)※2

新線開通※1「新綱島」駅※1開業

NEW ACCESS

39年ぶりの新線
「東急新横浜線」※1開通。

「新横浜」※1駅〜「新綱島」※1駅〜「日吉」駅をつなぐ、東急新横浜線※1が2022年度下期に開業予定。「新横浜」※1駅からは、同じく2022年度下期に全線開通となる相鉄新横浜線(「新横浜」※1駅~「西谷」駅間)に直通。「日吉」駅からは東急東横線と東急目黒線に直通。神奈川県や横浜市と東京都心が直結される広域的なネットワークが形成されるとともに、新幹線へのアクセスも向上します。東急線の新線開通は39年ぶり、新駅開業は23年ぶりとなります。

2駅11路線※4利用で、
都心も、横浜も、新横浜も。

「ドレッセタワー新綱島」直結※5の東急新横浜線※1「新綱島」※1駅、徒歩3分の東急東横線「綱島」駅の2駅を利用可能。東急新横浜線※1開通後は、直通路線も含めると、計11路線※4を利用でき、東京都心、横浜、新横浜と各方面へスムーズにアクセスできます。

All image photo

新線開通後※1は「新横浜」駅へ1駅。
広がる暮らしの便利さ、楽しさ。

image photo

東海道新幹線

東海道新幹線を1駅で利用でき、出張、旅行、帰省もよりスムーズに。
大きな荷物を持っての移動も苦にならない近さです。

日産スタジアム
横浜アリーナ

日産スタジアム(横浜国際総合競技場)でのサッカー観戦、横浜アリーナでのコンサートなど、魅力溢れるエンターテインメントを身近に楽しめます。

  • image photo
  • image photo

人気のスポットが連なる東急東横線。

東急東横線は「渋谷」「横浜」の二大都市を結び、沿線には、お洒落な街の代名詞「自由が丘」や「代官山」、流行の発信地「中目黒」など、
多くの人々の憧れを集める街が並びます。各地で再開発も進んでおり、将来への更なる発展も期待できます。

All image photo

※1.2022年度下期開業予定。ただし、工事の状況等により予告なく開業時期が変更となる場合があります。駅名は、整備主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構と営業主体の東急電鉄株式会社および相模鉄道株式会社が都市鉄道等利便増進法に基づき神奈川県および横浜市に協議を行い、同意を得たうえで国の認定を受けて正式に決定する予定です。
※2.「 区民文化センター」を含むNorth棟(商業)を経由したルートでの直結となります。
※3.「 綱島」駅からの所要時間:「武蔵小杉」駅・「横浜」駅へは東急東横線急行利用/「渋谷」駅へは東急東横線急行利用(通勤時23分)/「新宿」駅へは東急東横線急行利用、「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ライン特別快速に乗換え(通勤時26分:「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ラインに乗換え)/「新宿三丁目」駅へは東急東横線急行利用、「自由が丘」駅で東急東横線特急(Fライナー)に乗換え(通勤時29分:東急東横線急行利用)/「目黒」駅へは東急東横線利用、「日吉」駅で東急目黒線急行に乗換え(通勤時23分)/「大崎」駅へは東急東横線急行利用、「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ライン快速に乗換え(通勤時:「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ラインに乗換え)/「品川」駅へは東急東横線急行利用、「武蔵小杉」駅でJR横須賀線に乗換え(通勤時16分)/「池袋」駅へは東急東横線急行利用、「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ライン特別快速に乗換え(通勤時32分:「武蔵小杉」駅でJR湘南新宿ラインに乗換え)/「大手町」駅へは東急東横線利用、「日吉」駅で東急目黒線急行に乗換え(通勤時41分)
※4.掲載の路線数は、2021年4月時点の「綱島」駅より直通利用できる路線数と2022年度下期開業後の「新綱島」駅より直通利用できる予定路線数を合わせたものです。「綱島」駅利用の直通路線は、東急東横線、東京メトロ副都心線、みなとみらい線、東武東上線、西武池袋線、西武有楽町線。「新綱島」駅利用の予定直通路線は、東急新横浜線、相鉄新横浜線、相鉄本線、相鉄いずみ野線、東急目黒線、東急東横線。路線数は変更となる場合もございます。(出典:独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構HP「神奈川東部方面線」パンフレット)
※掲載の所要時間は日中平常時のものであり、乗換え・待ち時間は含まれておりません。また時間帯により異なります。